ライフスタイル

人生を変えるタイミングは自分自身で思い立った時!

 

多分大抵の人が、日々を流される様に生活している様な気がします。

川の流れの様な人の流れに流されて、どこに行くにも誰かに言われた通りに、何をするにも皆がやってるから〜と言って、特に自分の意見も言わずに流されている人は結構多いかも知れません。

特に学校や就職などの進路を決める時は、友達と同じ学校に行くと言って自分の本当に行きたかった学校ではない所に進学してしまったり、就職もウチの学校からの内定は多いよ?と勧められてしまった所に入ってしまった人も居る事でしょう。

確かにそうやって、誰かの意見に流されて進んでいくのはとても楽ですが、しかし自分の為になっているのか?と考えるとそうではないと思われるのです。

振り返ってみると気付く人が多いのですが、それまでの人生で一度でも自分自身の意思で自分の人生を変えて見ようと思ったことがあるのか?と考えた時に、実は一度も無かったんじゃないか?と言う結論に達してしまう人が増えているのです。



 

どうすれば今まで変えられなかった人生を自身で変える事ができるか?

未来に向かう画像

では、どうすればこの先、自分の人生を変えて行けるのか?と言うと、何かに興味を持ってその興味を持ったことを本当に好きになって、その方向に進んで行きたい!と言う希望や願望を芽生えさせることが重要だと考えられます。

結局、人生を変えるタイミングは、そう言った気持ちが爆発的に大きくなって夢を叶えたい!と思ったりした時だと思うのです。

何も、夢も希望も願望も持っていない人が急激に人生を変えるタイミングがあるとするならば、うっかり買った宝くじが大当たりした時位かも知れませんね。

本気で今の、川の流れの様な生活から脱出して行きたい!と考えている人なら、その流れから出て自分だけの流れを作り出すのは割と容易だったりするのです。

要は、自分の人生を変えると言う事は、誰の言う事も聞かずに自分の心と身体の信じる道を突き進む事だと思うのです。



 

自分らしさを見つけられた後は自分の人生を変えるタイミング

「これから前向きにいこう」という画像

しかしそれをやろうとすると多くの、「大人」と呼ばれる人が文句を言って来たり上司の人も諦めさせようと説得して来たりする事が多いのですが、そう言う人たちの意見には耳を傾けないで欲しいのです。

彼等の言っている事は間違ってはいないのかも知れないけれども、自分の進みたい道を見つけてしまった人にとっては単なる害悪でしかない存在に落ちてしまっているので、耳を傾けてその通りにならない様に必死に耐えてください。

それに耐えて抵抗して行かないと、本当の自分の道を見失ってしまう事に繋がるのです。

自分の人生を変えるタイミングは、自分で何かをしよう!やってみよう!やりたい!!と思い立った時だと思うので、今何も特にそんな気持ちになっていない人でもいつかはそんな気持ちになれる事が見つかったり訪れたりすると思うので、焦らずゆっくり構えて行って欲しいと思います。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。