美しく過ごす

プロも実践『誰でも毎日のヘアケアで自分の髪に自信が持てる5つの方法』

素敵だな〜と思う女性は、髪の毛も艶やかで髪型も纏まっている。

そして、キレイな髪の人は、若くも見えます。

今回は、誰にでもキレイな髪の毛を手に入れて、自信が持てる5つのポイントをご紹介します。

Aoi
Aoi
貴方の艷髪で周りからの好感度アップに繋げましょ

髪の毛のことを知って毎日のヘアケアの習慣を身につけましょう

思わず触りたくなるようなツヤ感たっぷりで若々しい髪の毛は、髪の毛に対する思いと、毎日の簡単なヘアケアの積み重ねで手に入れることが出来ます。

髪の毛は急に傷みません。
しかし、傷んだ髪がすぐに回復して綺麗にもなりません。

だったら、毎日のお手入れで、綺麗な髪になるコツを知りたい!

それは、日々の習慣でヘアケアをすることが大事なのです。

『キレイな髪の毛になりたい!』と願い、髪の毛のことを理解すると、自然に毎日のヘアケアが習慣となり、キレイな髪の毛になります。

自分の髪の毛のこと、どこまで知ってる?

髪の毛は、皮膚の表面の表皮が変化して出来たものです。

皮膚の構造イラスト画像皮膚の表皮は、毎日基底層という皮膚の奥底で新しい細胞が作られ、同時に古い角質が垢となって剥がれ落ちていきます。

髪の毛は、皮膚の真皮の中にある、毛母(もうぼ)と呼ばれる細胞から分裂増殖を起こして、髪の毛として押し出され形成されてます。

皮膚の表皮や剥がれた角質は、細胞学的に死んでいると同じで、髪の毛の目に見えている部分も同様なのです。

長い髪の毛の人が枝毛などのダメージになった時、「髪の毛が長いから栄養分が毛先までいかないのかしら〜?」と考えがちですが、表面に出てきた髪の毛が長い時間、さまざまな刺激を受け、髪の毛の形成が壊れたからなのです。

髪の毛の表面は、キューティクルに守られています。

よって、光の反射で艶やかに見えたり、なめらかな手触り感はキューティクルの状態に左右されます。キューティクルのイラスト画像

キューティクルはウロコ状に髪の毛の表面を覆っており、キレイな髪の毛は、このキューティクルが一定に並んでいるのです。

キレイな髪の毛になるために必要な5つのヘアケア

上記でもご紹介した通り、髪の毛は皮膚と似ています。

日本人女性の多くが、顔と髪の毛は別物のように考えていますが、髪の毛は顔の一部。
顔の額縁でもあるのです。

顔のお手入れにお金をかけ、キメ細やかな肌を目指すのならば、スキンケアと同様、髪の毛は顔の一部ですから、キレイな髪の毛も目指しましょう。

では、キレイな髪の毛になるために大事な5つのヘアケアとは?

  1. 正しい生活習慣を心がける
  2. ブラッシングを毎日の習慣にする
  3. ドライヤーの温度を使い分ける
  4. 日常的にトリートメントを使い分けてケアする
  5. 紫外線から髪の毛を守る

ベットで寝ている女性画像

1.正しい生活習慣を心がける

美しい髪になるためには、日々の生活が大きく関わってきます。

生活習慣が乱れるとお肌の調子が悪くなるように、髪の毛も悪い状態になってしまいます。

外側からばかりケアしても、十分に栄養が行き届かなければ、綺麗な髪の毛を育むことは出来ません。

過剰なダイエットや偏った食事は避け、バランスのとれた食事・良質な睡眠を取り、規則正しい生活習慣を心がけましょう。

2.ブラッシングを毎日の習慣にする

ブラッシングすることで、キューティクルが規則正しく並び、艶やかで丈夫な髪の毛を保ってくれます。

髪の毛が乾燥やダメージを受けると、キレイに並んでいるはずのキューティクルが乱れたり、剥がれたりします。そして、剥がれた部分から髪内部の水分やタンパク質が流れてしまい、パサつきの原因になります。

また、ヘアブラシは豚毛を使用したものをオススメします。豚毛に含まれた水分と油分でキューティクルを整え、ツヤのある美しい髪に導いてくれます。

3.ドライヤーの温度を使い分ける<

シャンプー後、髪を乾かすことは必須です!しっかりと乾かしましょう。

濡れたままの状態だと、適度の湿度と温度で頭皮に雑菌が繁殖しやすい上に、水分によってキューティクルが浮いて剥がれやすくなります。濡れたままの状態では髪にとってダメージを受けます。

そして、タオルドライする時もタオルで髪を挟むようにして、優しく包み込んであげるようにしましょう。決してゴシゴシとこすらないこと。摩擦でキューティクルが剥がれてしまいます。

根元の方が乾きにくいので、頭皮から順に毛先に向かって乾かしていき、キューティクルの目に逆らわないように、必ず「上から下へ」、頭皮が痛くならないブラシで髪の毛をとかしながらドライヤーをあてて下さい。

8割ほど乾いたらドライヤーを温風から冷風に切り替えて乾かして下さい。温風を当てることで形を作り、冷風をあてることで開いているキューティクルが閉じて整え、潤いのある髪となって乾きます。

ドライヤーをかけているキレイな髪の女性画像

4.日常的にトリートメントを使い分けてケアする

シャンプー後は日常からリンスやコンディショナーではなく、トリートメントを使うことをオススメします。シャンプー後に使うトリートメントは、髪の毛がより良くなるための成分と保湿力のある成分が、リンスやコンディショナーに比べて多く入っているからです。

ブロードライやスタイリングの際、自分の髪質にあった洗い流さないタイプのトリートメントを使いましょう。

洗い流さないタイプのトリートメントは大きく分けて、クリーム・オイル・ミストと3つの種類があります。特徴を知って毎日のケアに取り入れてみましょう♪

  • クリームタイプは他のトリートメントに比べると水分量が多く保湿効果、髪の補修効果が高く髪がしっとりまとまりやすくなります。スタイリング剤代わりに使用するのも良いでしょう。しかし、髪の毛が細かったり、少ない人は使う量に気をつけましょう。
  • オイルタイプのトリートメントは髪1本1本をしっかりとコーティングし、紫外線や熱などの外部の刺激から髪を守ります。タオルドライ後の髪に、もみ込んでドライヤーをあてると、ドライヤーの熱から髪を保護してくれます。
  • ミストタイプは髪にハリやコシを出し、サラっとした質感に仕上がります。ミストタイプのトリートメントは必ず乾いた髪に使用して下さい。使うタイミングはブロー前がおススメです。

5.紫外線から髪の毛を守る

髪も肌と同じように紫外線を浴びることでダメージを受けます。

紫外線を長時間浴び続けるとキューティクルが乱れてしまい水分や油分が抜け、髪のツヤや潤いが失われてしまいます。

日頃から髪を紫外線から守る予防を心掛けることが大切です。

また、髪に使えるスプレータイプの日焼け止めもありますので、外出前に使用することをオススメします。

潤った女性は自信がある美しい髪の毛の持ち主

髪の毛のことを知って、毎日のヘアケアの習慣が身についたら、次第に貴方も潤ったツヤ感、纏まりのあるさらっとヘアの持ち主。

思わずテレビCMのように、髪の毛に指を通し、自分の美しい髪を感じたくなります♪

美しい髪は自分をいい気分してくれます。周囲からも好印象に見えます。すると、自分らしさが出てきます。

自分らしさを持っている女性は、自分を信じられるからイキイキしています。

Aoi
Aoi
貴方らしいヘアケア習慣を身につけて美しい髪の貴方でいて下さいね

 

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。