美しく生きるコツ

忙し過ぎて疲れている時、気持ちをスッキリさせて元気になる3つの方法

女性の毎日はやることがたくさんで、仕事や家事に追われます。
しかも、心配事や悩み事があると、余計に疲れやすくなります。

気がつけば1日の終わりに、「はぁ〜」と大きなため息をついていませんか?

やることを減らすことが出来ないし、疲れていてはやる気も起こらないし、悪循環していることはわかってる。

でも、どうやって改善して元気でいたらいいの?

[speech_bubble type=”fb” subtype=”R1″ icon=”Tonmmy.png” name=”Aoi”]そんな疑問を抱えている人は多いはず。ちょっとしたヒントで、いままでの日常からコロッと変わる、元気で過ごすための3つの方法をご紹介していきますね。[/speech_bubble]

考え事をしている女性の画像


毎日頑張って忙しく動いても、心と体が疲れては意味がない

[speech_bubble type=”fb” subtype=”L1″ icon=”Erika.png” name=”Erika”]今日も仕事で疲れたな〜
家でゴロッとした〜い[/speech_bubble]

[speech_bubble type=”fb” subtype=”R1″ icon=”Tommy2.png” name=”Aoi”]あれ?エリカちゃん、読みたい本があったんじゃないの?[/speech_bubble]

[speech_bubble type=”fb” subtype=”L1″ icon=”Erika.png” name=”Erika”]でも今日はやめる〜[/speech_bubble]

[speech_bubble type=”fb” subtype=”R1″ icon=”Tommy2.png” name=”Aoi”]一気には読めないから少しずつ仕事が終わってから読むんじゃなかったの?[/speech_bubble]

[speech_bubble type=”fb” subtype=”L1″ icon=”Erika.png” name=”Erika”]そのつもりだったけど、今日はお休み〜。
明日読むわ〜[/speech_bubble]

[speech_bubble type=”fb” subtype=”R1″ icon=”Tommy2.png” name=”Aoi”]エリカちゃん、疲れているのね〜
元気で意欲的になれば、読みたいと思った本も読み進められるよね[/speech_bubble]

 

女性の体は筋肉が少なく、冷えやすかったり、生理があることもあって、デリケートで疲れやすい。

なのに、やること、やりたいことは、たくさん。

だから疲れ対策を取ることが必要ですよ。

ジョギングする女性の画像

 

疲れず、自分の本領を発揮し元気にいたい!

まず、何に自分は疲れているのかを、よく考えてみてください。

仕事のことなのか、人間関係なのか、家庭内のことなのか、自分のことなのか。

そして、精神的なのか、身体的な疲労なのか。

自分の疲れている因果を見つける事が大事です。

自分の疲れている原因がわかったら、どんな風だったら貴方はイキイキするのかを思い浮かべて下さい。

好きなことや自分の喜ぶこと、楽しいことなどポジテイブに感じることです。

貴方の心と体は一つなのです。

心と体が裏腹では、脳が『頑張ろう』と思っていても体がついていきませんし、逆も同じです。

貴方は自分の気持ちと体に正直になり、完璧に何でもやりこなすことを辞めればいいのです。

赤ちゃんと微笑む女性画像

 

気持ちがスッキリしないと行動に支障が出る

たまに、疲れている自分を認めたくなくて、現実逃避したり、見て見ぬ振りをしたりすることもあります。

時間は限られていて刻々と進んでいるし、自分のことは後回しにして、疲れた自分を認めたくない、時間内に終わらせたという気持ちもわかります。

しかし、貴方の調子いい時の体調でないと、物事に万全の体制で対応出来ないのです。

貴方の気持ちは良い方向に向くために頑張っているのに、貴方が不十分な体勢だと結果も不十分になり、更にストレスを感じることがあります。

万全の体制でない時は、楽しめることや仕事の効率もネガティブになったりして、楽しめなかったり、仕事がスムーズ進まなかったりします。

逆に疲れていないと、更に楽しめたり、心から喜べたり、達成感があったりなど、自分の良い気持ちが向上して、その後の意欲にも繋がります。

山の上で喜んでいる女性2人の画像

 

気持ちがあがる3つの方法

貴方の気持ちがポジティブだとどうですか?

何だか視野も広くなったり、心の余裕も出てきませんか?

気持ちを上げるために3つのことを実践してみましょう。

 

<元気になる3つの方法>

  1. 自分の心と体との対話の時間を設け、今自分の求めていることを把握する
  2. 何でも完璧にやりこなすことをやめる
  3. 身体をしっかり休めて、自律神経を整える

気持ちが上がれば、疲労も感じにくくなったり、前向きに行動できたり、仕事が捗ったりします。

フィットネスをしている女性画像


自律神経を整えて、いつも気分爽快に元気でい続けるためには?

あなたの元気になれない理由は、自律神経の乱れにあるかもしれません。

体調が悪かったり、睡眠不足だったり、心配事があったり、酷いとうつ状態だったり、など。

気分や体調が優れない時は、自分の自律神経を整えることを心がけて下さい!

 

[aside type=”warning”]

自律神経とは、体内の循環器、呼吸器、消化器など、体内活動に必要不可欠な器官の活動を、あなたの意思と関係なく自動的に調整している神経を指します。

自律神経には交感神経と副交感神経があり、交感神経には、心と体を緊張させて興奮状態に導く役割が、そして、副交感神経には、心と体を鎮め、リラックス状態に導く役割が、それぞれにあります。

[/aside]

 

自律神経が失調すると、副交感神経の働きが低下します。

よって、あらゆる不調をもたらすのです。

自律神経の乱れは、生活習慣にあります。

あなたの姿勢の習慣・運動の習慣・食事の習慣・睡眠の習慣・考え方の習慣をもう一度考えてみて下さい。

小さなことをコツコツと改善に向かう方向へ心がけるだけで、自律神経にとって良い習慣を身につけることができます。

自律神経にとって良い習慣は、副交感神経の働きが高まり、リラックス状態が続くような習慣です。

もしあなたがストレスを感じているなら、脳を意識的に切り替える努力をしてみて下さい。

脳は見ているものを自分の実体験だと勘違いする性質があります。

だから、頭の中で、楽しい情景や、リラックスできることをなるべく鮮明に思い浮かべると、しだいに自分が実際にやっているのだと勘違いしてくれるので、副交感神経が働き、考え方を変えるだけで、体をリラックスする状況に切り替えることが出来るのです。

女友達とビーチで楽しんでいる画像

あなたがなぜ疲れているのかを自分でしっかり把握し、改善するために、『元気になる3つの方法』を実践してみて下さい!

自分でコントロールできるようになれば、イキイキと毎日元気に楽しく過ごすことが出来ますよ。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。