美しく過ごす

自分の美しさを引き出すためには…

Aoiです☆

 

皆さんはこれまでにいろんなことを経験・挑戦し、頑張ってきたことと思います。

決して、常に一生懸命だったとは言い難いですが、私もそうです。

何かを手に入れるために、何かを犠牲にしなければいけないことはありますが、やはり女性に生まれた以上は、美しくなりたい

 

今回は、自分の美しさをどう引き出したらいいかをお伝えします。

自分に自信がない方には、必見ですよ!

[speech_bubble type=”fb” subtype=”R1″ icon=”Tonmmy.png” name=”Aoi”]「私なんて、美人じゃないし…美しくなれないわ」な〜んて言わずに読んでみてね。
きっと、あなたもキラッキラ☆に美しくなれますよ。[/speech_bubble]



 

美容師を目指して最初の挫折

私の実家は、父が理容師。母が美容師。
お互いがお店を持ち、理容室と美容室を営んでいました。

私が高校生になった時、3つ上の兄も理容師になる修行のために、家を出ていきました。
私が美容師になったのも、ある意味、うちならではの、自然の形だったのかもしれません。

 

私は子供の頃から母のお店をウロチョロして、美容室の独特の匂いや、業務は見慣れていました。

 

ある日、「私、美容師になる!」と、ごもっともなことを両親に言いました。
通っていた短大を辞めたかったからです。
簡単に、かっこいい美容師になれると思っていたのです(甘かったですが…)

 

そして、美容師になるために通信教育の美容学校に入る傍ら、とある実家の近くの美容室に入社しました。

そこからが、挫折の連続です。
実家で慣れてていたせいか、ちょっと美容師の仕事をナメてました(ごめんなさい泣)

 

下っ端はパシリはさせられるし、片付けは一人でしなきゃいけないし、先輩の言う事は絶対だし、技術の練習は毎日夜遅くまでしなきゃいけないし…。

なんで毎日こんなことばかりやんなくちゃいけないんだろう?
いつになったらかっこいい美容師になれるんだろう?
そんなことばかり考えて日々を過ごしていました。

 

その上極め付きが、私、かなりの不器用だったのです。
技術の練習をしていても全然出来ないし、先輩には出来ないから怒られるし、何やらされてもヘマするし。

 

出だしから、コケまくりでした笑。

実家の美容室で技術は見ていたから、自分もできるくらいに思っていたのでしょうね〜。
でも、【見ている】と、【出来る】は違います
実感して、落ち込みました。

 

未来が明るくなった転機

不器用ながらにも、持ち前の根性でとにかく続けました。

しかし、手は荒れ放題、目の下には寝不足でクマ、給料安いからお金も無い。
死語ですが、今とは程遠い3K(キツい、汚い、給料安い)でした。

 

そんな中、夢が膨らむ情報を得たのです。
それは私が憧れていたロンドンで人気のヘアーサロンが、東京にサロンをオープンするという事でした。

 

もちろん、面接を受けました。
すると、見事合格!!
明るい未来の扉が開けたのです。
憧れのサロンで働くことができるようになったのです。

 

それからは新宿の一等地ということもあって、ま〜忙しかったです。
昼食を取れない、トイレもろくに行けない、というのはザラでした。

 

女性スタイリストとして喜びを与えられる日々

お陰様でどんどんお客様も増え、給料も右肩上がりに増えていきました。
頑張ってよかったです!
時にはテレビの取材を受けたりもしました。
普段の生活では絶対お会い出来ないような、素敵な女性にもお会い出来ました。

 

女性の特権、キャリアの特権

私が女性だからこそ分かる、女性客の願望も理解していたと思います。

 

特に嬉しかったのは、指名です。
『貴女にカットして欲しい!』と言われるのは、美容師冥利につきます。
「『あの人と話したい!』と思ったから指名したの」と言われた事もあります。
お客様の方が私のスケジュールに合わせて予約を取って下さるのです。

 

時には普段担当させて頂いているお客様から、ご紹介も頂きました。
役職が付き、キャリアも付いてくると、新しいのお客様の予約が入れられない日もありました。

 

お客様が帰られる時はいつも、『また来月ね』と次回のお約束をして笑顔で帰られるのです。
そして、女性だからこそお客様が色々教えて下さる事もあり、今でも心に刻んでいる事もあります。

女性でも、偏差値が低くても、負けない仕事

20代の後半の頃、ある大企業に勤めているキャリア組の同級生に、「俺は2億の仕事をしても、絶対『次回も宜しくね』ってクライアントに言われないけど、Aoiの仕事は6000円頂いて、お客様が次もAoiのところに来るんでしょう?いい仕事だね」と言われたことがあります。

この時は、いい大学を出て頭のいい、有名企業に勤めた同級生に馬鹿にされた!と思っていました。
しかし、後に、貴女にやって欲しい、また来るねと次回の約束、笑顔を頂ける仕事って、そんなたくさんは無いんだな〜とわかり、辛い時もくじけそうな時も諦めずに良かったです。

 

今では心の底から、誇り自信を持っています



 

私のこれからのHAPPY☆な未来

たくさんの経験をしてきて、この数年前から私が思っていることは、お客様って『美しい人に、美しくして欲しい』よね!ということです

決して今までも汚い格好をしていたわけでも無いし、むしろ接客用語にも敏感でした。
ファッションにもこだわっていた方です。

しかし、美しい人って容姿が整っているだけじゃダメなんです。
その人の存在が美しく無いとダメなんです。

 

 

存在が美しいってどういうこと?と思ったら、下記のことをチェックしてみて下さい。

[aside type=”boader”]

 自分のことをよく知っている
 自分が綺麗に見える角度を知っている
 言葉遣いが丁寧
 人と話す時、相手の心と会話をする
 自分のことを認めている
 口角が上がっている
 生涯、ずっと学生と思って学び続けている
 自分を大事にしている
 ポジティブ思考
 良質な物を体に入れる
 人と自分を比べない
 自分のことを喜ばせてあげている

[/aside]

チェックの数が
0〜5の人:貴女が美しいと思う人になろうと、笑顔で自分磨きをやってみる
6〜10の人:貴女の美しくないと思っているところを変えて笑顔を心がける
11〜12の人:貴女はとっても美しい人です。更に美しい自分を目指しましょう!

 

貴女のチェックした数が多ければ、貴女は美しい人なのです。
自信を持って下さい。
自信を持てば、更に笑顔になり貴女の魅力が増していきます。

 

もし、チェックした数が少なければ、少しずつ美しい自分になるように練習して下さい。
少しずつ心掛ければ、良いんです。

 

美しい人に直ぐにはなれません。
しかし、毎日の積み重ねが、貴女の美しさをどんどん育てていきます

 

『自分は美しくない』と思い込んでいる人はいますが、本当に美しくない人はいません。
美しさが表に出ていないだけです。

 

これからどんどん内に潜んだ美しさを引き出していきましょう!

[speech_bubble type=”fb” subtype=”R1″ icon=”Tonmmy.png” name=”Aoi”]一緒に美しくなっていきましょうね〜[/speech_bubble]

 

 

今回も読んで下さってありがとうございます。

Aoiは貴女との美しい出会いに感謝です。

また会いに来て下さいね☆

 

 

 

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。